山岸潤史と川嶋

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、そこの店長さんと親しくなって、浮気してしまいました。長らく子供と家庭だけを軸に、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。最近、様子が違うと、主人はすぐ気づいたようで、彼の奥さんと連絡をとりあった挙句、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するということになってしまいました。懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、浮気のきっかけになることも大いにありえます。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから当初は男女を意識せず、気持ちが通じやすくなるのです。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、根本的にどういった目的があるのかをきちんと話し合っておく事は欠かせません。配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかは、はっきりさせておかなければなりません。依頼の内容次第では調査期間や手法が異なるわけですから、大事なことです。気の迷いで始めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。不倫の代償は大きいです。結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、安直にも程があるとは思いませんか。妻か夫のどちらかに原因があるとしても、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。軽率のツケは高くつくでしょう。パートナーの不倫が元で離婚するときに揉めて、とうとう家裁での離婚調停となることは、けして珍しいことではありません。家事調停委員が加わり、離婚のための意見調整を行うため、夫婦やその関係者だけで話し合うより比較的円満に話し合いが進められるという良さがあります。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。不倫された事実に気づいたときは、やはり頭に血がのぼってしまうかもしれません。ただ、気持ちが鎮まったら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。浮気はどう言い訳しようと、やったほうが悪いのです。精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかもしれませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。性別にかかわらず不倫している人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。考えられることは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不安やストレスを感じることが多く、精神面や体の不調として出てきます。また、浮気されたパートナーのほうもウツになりやすいと言えるでしょう。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。それには証拠固めが不可欠ですが、きちんと裏をとっておけば、気の済むまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。噂は消えず、家族関係も冷え、仕事も追われる。まあ、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。私たち夫婦の身近な人間なのかなと、携帯をチェックしようとしたら、こともあろうにしっかりロックされていて、なんの情報も得られませんでした。言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこでポロリと不倫が発覚したケースが増えています。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新するようになったら、日常的に浮気相手と接触を持っていると考えていいでしょう。SNSに関わる相手の態度というのは、不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。不倫の慰謝料請求には期限があります。不倫相手を特定してから3年間、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年と規定されており、それ以後は時効です。仮に時効直前でも訴訟に持ち込めば、時効はなくなります。時効が迫っているなら、訴訟するのも考えに入れましょう。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができるのをご存知でしょうか。戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、子供とその親にとっては大事な手続きでしょう。すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、訴訟を起こされることもあり、浮気の事実があれば否認は困難です。そんなことになる前に不倫関係を絶っておかなかったら、今後の人生設計にかなりの不利益が生じる可能性があります。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、クビにするというのは難しいといわざるを得ません。けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで済んでいるようです。同じような浮気調査でも、その代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、ちょっと手間でも何社かで見積書を提示してもらうことを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、あらかじめ調査員に細かく教えておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、調査費用として払うお金も少なくて済みます。配偶者の不倫行為が発覚したら、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるよう努めましょう。どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。夫婦で話し合う時間を確保し、これから先どうしていくか話をしておきましょう。夫の浮気って、妻なら日常に気をつけることで防げると思うんです。たとえば、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。それに、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、妻としての外見への心配りも怠らず、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないと考えているのですが、甘いですか?配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたというものです。恋愛していた頃の気分を取り戻したいという思いが不倫行為の都合の悪い部分を打ち消してしまうのです。そういった事態を避けるには、双方の言い分を尊重し、お互いに何が不満なのかを話し合う姿勢も大事なのではないでしょうか。当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。そんな身勝手な行動を放置するというのは不可能でしょう。浮気の証拠といったら、やはり一番にあげられるのはケータイチェックでしょう。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由としてもっとも多いのは、浮気が発覚したからだそうです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。最初から興信所や探偵業者などのプロに不倫の調査を依頼するのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。ただ、これは怪しいと気付くのは一番近いところにいる人でなければできないことです。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないと思います。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、モヤモヤしているのが嫌なら探偵調査を頼むのがいいでしょう。子供のいる親が離婚する時は、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権がとりにくいと思われているようです。でもそれは、絶対的なものではないのです。調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかが最優先で考えられているわけです。きっぱりと不倫関係を解消させるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、双方に慰謝料の支払いを求めるのが、よく効くようです。不倫の相手のほうでは悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。不倫の行き着く先って色々ありますよね。浮気の事実が知られ、離婚されたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚する例もないわけではありません。どういうルートを辿ろうと、心の底から安心して幸せになるという到達点は、金輪際ありえないのです。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。不倫という許しがたい理由で別れたあとも人間不信を引きずってしまい、自分の人生なのにポジティブになれないような人も少なくないです。それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、真正面からスパッと訊いてみましょう。嘘をつく人間というのは必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。また、簡単な返事で済むところを、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。隠し事があればあるほど、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも簡単にわかるものです。うちは3年前に結婚し、妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、まさかの不倫発覚。妻はしれっとしたもんで、それっきり話もしません。修復の見込みがあるのでしょうか。彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、はっきりと手を打たせてもらいましょう。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。先月半ばに彼の職場不倫がわかり、親を含めて話し合い、仲人さんにも話して、いよいよ離婚という運びになりました。これから女手一つで、この子たちを育てていくわけです。感情的にはもやもやが残りますが、間に弁護士を挟んで、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。それなら証拠がなければ支払いが発生しなくて一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、受け付けてもらえないこともあるそうです。また逆に成功したときに、高額な請求が来ることもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。近年は技術改良が進んで、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使って簡単に見つけられるようになりました。GPS機能つきのスマホを使わせることさえできれば、かなりの精度で今いる位置が判断できます。非合法な方法ではありませんし、独力で浮気を発見するにはGPSを使えば便利だと思います。気が付かずに使っている方も多いですが、不倫と浮気はちょっとした違いがあります。不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、肉体関係があることを言うのです。不倫であればパートナーとその交際相手に賠償を請求することが可能です。怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って浮気の確かな証拠を入手し、正当な配偶者として、慰謝料の支払いを求めることにより現実に立ち返らせ、不倫関係を精算させるというケースも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です